Profile

横顔、手

熊谷太輔 / Kumagai Daisuke

北海道出身の打楽器奏者、音楽家、映像作家

上京後はロック、JAZZ、ポップスからルーツ音楽などさまざまなジャンルに対応し、ZABADAK、三匹夜会、メトロファルス、coba、白崎映美、江草啓太、平井真美子らと共演。2011年には梅津和時らとサウジアラビア、チェコ、ドイツなど海外ツアーも行う。演劇の劇伴音楽にもあかるく、参加した主な作品は

2009年「桜姫」原作:鶴屋南北 脚本:長塚圭史 演出:串田和美

2010年「新 センセイの鞄」原作:川上弘美 脚本 演出:マキノノゾミ

2011年「空中キャバレー」作・演出:串田和美

2012年「お嬢さんお手上げだ」脚本・演出:マキノノゾミ / 「天日坊」脚本:宮藤官九郎 演出:串田和美

2013年「空中キャバレー2013」作・演出:串田和美

2014年「悪名」原作:今東光 演出:マキノノゾミ / 「三人吉三」作:河竹黙阿弥 演出:串田和美 / 「天才執事ジーブス」脚本:アラン・エイクボーン 演出:田尾下哲

2015年「お嬢さんお手上げだ・明治編」脚本・演出:マキノノゾミ / 「空中キャバレー2015」作・演出:串田和美

2016年「悪名」原作:今東光 演出:マキノノゾミ(再演) / 「メトロポリス」原作:テア・フォン・ハルボウ 演出:串田和美

2017年「大悪名」原作:今東光 演出:マキノノゾミ / 「空中キャバレー2017」作・演出:串田和美

2018年「夢の裂け目」作:井上ひさし 演出:栗山民也

2019年「空中キャバレー2019」作・演出:串田和美 / 「私たちは何も知らない」作・演出:永井愛 音楽:熊谷太輔、AZUMA HITOMI / 「銀河鉄道のよる」原作:宮沢賢治 脚本:山本正典 演出:櫻井拓見

2020年「オイディプス王」作:ソフォクレス 翻訳:井上優 演出:山本タカ 音楽監督:熊谷太輔

2021年「インク」作:ジェイムズ・グレアム 演出:眞鍋卓嗣 / こまつ座「雨」作:井上ひさし 演出:栗山民也

など数多くの舞台音楽に携わっている。また映像作品では大泉洋主演「そらのレストラン」の録音、天野千尋監督「ミセス・ノイズィ」の音楽を制作した。

また近年では映像制作(撮影・編集)の技術を習得し、さまざまなアーティストのMusic Videoを制作している。昆虫が好き。


Schedule

2月
1
コクーン歌舞伎「天日坊」に劇伴出演
2月 1 – 2月 13 終日

串田和美と十八世中村勘三郎が1994年にスタートさせた「渋谷・コクーン歌舞伎」は、古典歌舞伎を現代に通じる新たな解釈を取り入れた斬新な演出で話題作を生み出してきました。
第十八弾となる今回は、2012年に上演され大きな反響を呼んだ『天日坊』。幕末より長らく上演されていなかった河竹黙阿弥の隠れた名作を、コクーン歌舞伎として現代に蘇らせ注目を集めた話題作。
自らの運命を探し求め邁進する天日坊の姿は、観る人の胸に刺さり、感動を与えました。

ふとしたきっかけから将軍頼朝の落胤になりすまし鎌倉を目指す法策(後の天日坊)。 旅の途中で盗賊・地雷太郎とその妻お六と出会い、思いもよらぬ自分の運命を知る… 狙うは天下!若者たちは壮大な野望と純粋な希いを胸に疾駆する。彼らの人生を賭けた大勝負がはじまる――。

原作:河竹黙阿弥「五十三次 天日坊」
演出・美術:串田和美
脚本:宮藤官九郎

音楽監督:平田直樹・Dr.KyOn

出演:

中村 勘九郎、中村 七之助、中村 
市村 萬次郎、片岡 蔵、中村 虎之介
中村 松、小松 重、笹野 
中村 雀 ほか

パーカッション関根真理さんとWキャストで、熊谷の出演は2/1〜13。

会場:Bunkamura シアターコクーン (東京渋谷)

 

3月
4
国際交流基金イベントに出演@マレーシア
3月 4 – 3月 6 終日

首都クアラルンプールで公演予定です。

詳細はお待ちください。

4月
5
お芝居「広島ジャンゴ」に劇伴出演 @ 渋谷シアターコクーン
4月 5 – 4月 30 終日

東京公演 4月5日(火)~4月30日(土)

大阪公演 5月6日(金)~5月16日(月)

蓬莱竜太が満を持してシアターコクーンに初登場
天海祐希×鈴木亮平のダブル主演で贈るのは、広島弁満載の異色のニューウエスタン活劇⁉

作・演出:蓬莱竜太

美術:愛甲悦子 照明:日下靖順 音楽:国広和毅 音響:長野朋美 衣裳:西原梨恵

ヘアメイク:鎌田直樹 擬闘:栗原直樹 振付:広崎うらん 歌唱指導:満田恵子 方言指導:林 大貴

美術助手:寺田万里奈 演出助手:中村公平 舞台監督:榎 太郎

出演:

天海祐希、鈴木亮平
野村周平、中村ゆり、土居志央梨、芋生 悠、北 香那
辰巳智秋、本折最強さとし、江原パジャマ、川面千晶

エリザベス・マリー、小野寺ずる、筑波竜一、木山廉彬、林 大貴
宮下今日子、池津祥子、藤井 隆
仲村トオル

ミュージシャン
熊谷太輔(Dr)、河村博司(Gt)

2019年『ビューティフルワールド』で第27回読売演劇大賞優秀演出家賞を受賞し、数多くの外部公演も手掛けるなど高い支持を受け続けている蓬莱竜太が、満を持してシアターコクーンに初登場!
広島の劇作家・演劇人とともに創作された本作を、脚本、演出、美術、音楽を一新し、豪華俳優陣とフィクション・エンタテイメント性をさらに高めて上演いたします。

出演は、舞台では今回が初めてのタッグとなる天海祐希と鈴木亮平のダブル主演が実現!ドラマ、映画、舞台と数多くの作品で確固たる演技力と唯一無二の存在感を放ってきた二人の競演にご期待ください。
さらには、様々な出演作で魅力を増すベテラン・仲村トオルも『プレイヤー』以来5年ぶりにシアターコクーン出演。
そして、野村周平、中村ゆり、土居志央梨、芋生 悠、北 香那、宮下今日子、池津祥子、藤井 隆と幅広い層からこれ以上ない豪華キャストが顔を揃えました。

誰もが想像しえなかった現実社会の混乱の中で、明日への活力となるような祈りが詰まった本作をどうぞお楽しみに。

[主催/企画・製作]
Bunkamura

[大阪公演]
2022年5月6日(金)~5月16日(月)森ノ宮ピロティホール

大阪公演主催:サンライズプロモーション 大阪チケット発売日:2022年4月3日(日)
お問合せ:キョードーインフォメーション 0570-200-888(11:00~16:00/日曜・祝日は休業)


Movie